ハワイのコンドミニアムや別荘の売買・賃貸をワイキキと東京で不動産コンシェルジュがサポートします!

リビーナ会員登録不動産コンシェルジュに相談
リビーナハワイは、素敵なライフスタイルをご提案します。

[売買]

[賃貸]

解体

新着物件
50万ドル以上
50万ドル未満
新着物件
50万ドル以上
50万ドル未満
 

借りたい

新着物件
短期レンタル
長期レンタル
新着物件
短期レンタル
長期レンタル
 

売りたい貸したい

売却査定
賃貸査定
賃貸管理会社一覧
 

知りたい

ご相談
専門家
FAQ
セミナー
コラム
生活情報
物件検索ページへ   物件検索ページへ   売りたい・貸したいのページへ   物件検索ページへ

リビーナハワイ information















専門家

不動産エージェント   税理士・弁護士   セミナー案内   よくあるご質問

ハワイ在住20年のベテラン税理士。節税もご相談ください。

詳細表示

ハワイ在住20年のベテラン税理士。節税もご相談ください。

詳細表示

ハワイ在住20年のベテラン税理士。節税もご相談ください。

詳細表示

ハワイ在住20年のベテラン税理士。節税もご相談ください。

詳細表示

ハワイの不動産選びのポイントは、「購入目的」「不動産投資経験」「予算」によってそれぞれのお客様に適した不動産が異なってまいります。自己使用が全くない場合のコンドミニアムと年に数回自己使用したい場合のコンドミニアムでは、同じご予算でも適した物件が異なります。

 また、日本では考えられない築年数が古いコンドミニアムも多く存在し、人々が普通に生活をしています。1970年代に建築されたコンドミニアムはもちろん、1950年代後半のものまで不動産流通しています。不動産投資する場合は新築や築浅物件にこだわらず、賃貸募集しやすいエリアや間取り、賃料価格帯にこだわるべきだと思います。
 ご自身が住まわれる場合は新築物件にこだわっても良いと思いますが、ハワイで新築物件は数が限られていますのでリフォーム物件なども検討物件に入れて探してみると良いと思います。

 ハワイの一戸建て物件選びのポイントは、まず現地をご自身で確認されることだと思います。日本の方は一般的にワイキキの街の様子はよく御存じだと思いますが、それ以外の街となるといくら狭いハワイとはいえ現地の住宅環境は把握できていないように思います。地図上では海が近くても風が通りにくい住宅地や都市部に近くても渋滞がよく起こるエリアなどご自身が体感することで不動産投資の失敗を未然に防ぐことができるからです。
 一戸建てを購入される方は、ハワイに何回も来ていてご自身が訪れていた街が好きになり長期滞在をご自身で考えられる方か、不動産投資のご経験があり現地ファミリーを対象にした長期賃貸を腰を据えて考えている方が多いです。
 また、温暖なハワイではシロアリ対策をしなければなりませんし、一戸建ての購入時にはしっかりチェックする必要があります。不動産投資が初めてという方でしたら管理面や物件の目利きという点から考えて、ワイキキのコンドミニアムをお勧めいたします。


ハワイのコンドミニアムやリゾートマンション、別荘の売買・賃貸をワイキキと東京で顧客サポートいたします!
ワイキキはじめアラモアナ・カカアコ・カハラ・ハワイカイのコンドミニアム・別荘など不動産取引を日本語で対応しますので安心です。