ハワイのコンドミニアムや別荘の売買・賃貸をワイキキと東京で不動産コンシェルジュがサポートします!

リビーナ会員登録不動産コンシェルジュに相談
リビーナハワイHOME > 海外不動産投資Q&A > ご購入前によくあるご質問 (費用について)

海外不動産投資Q&A

Q&A一覧 物件探しについて 購入時費用について 所有時について 売却時について その他

ご購入前によくあるご質問(費用について)

ハワイで物件を購入する際にそのような税金が掛かりますか?
日本ですと、消費税、登録免許税、印紙税、不動産取得税などがありますが、アメリカでは購入の際にかかる税金は基本的にはありません。
但し、固定資産税の日割り計算分は買主負担です。また、新築を購入した場合の不動産譲渡税は、買主が支払うケースが多いです。
ハワイで不動産の購入時にかかる費用はどんなものがありますか?
通常日本で掛かる「仲介手数料」は無料です。
売主が買主エージェント分の仲介手数料を支払います。
主な費用としてはエスクロー費用、登記費用等です。
物件価格の1〜1.5%程度掛かります。税金の費用については上記回答をご覧下さい。
毎月の経費はどれくらい掛かりますか?
FS(所有権)の物件であれば、建物管理費と固定資産税、町内会費(場所によって)が必要です。
また、他人へ賃貸しているようでしたら建物管理会社に支払う賃貸管理費と火災保険料が掛かります。
LH(借地権)の物件であれば、上記費用に加えて借地料が毎月必要です。
管理費等は、コンドミニアムの立地や面積等によってそれぞれ異なりますので、お気軽にお問い合わせください。
ローンを組む場合、頭金はどのぐらい必要ですか?
通常、非居住者(別荘・投資物件を含む)の場合は銀行の物件評価額の30%〜35%が頭金として必要です。
銀行査定の結果によっては35%以上を要求される場合もあります。
購入前にホテル収入がどれくらいあるか分かりますか?
オファー(買付申込書)を提示する前に問い合わせる事は可能ですが、一般的には「ホテル収支報告書をみて、内容に納得すれば購入手続きを進める」という条項をオファーに加えます。
売り主がこの条項に同意し、ホテル収支報告書に納得がいかない場合は購入手続きをキャンセルでき、それまでに入れた手付金および追加金は返金されます。(場合によっては小額なエスクロー料が取られる場合があります。)
コンドミニアムの管理費には何が含まれますか?
一般的には共有部分の維持管理費、セキュリティ、水道代などの他、屋根や外壁など共有部分の将来の修理/改善に備えた積立金などが含まれます。
コンドミニアムによっては、電気代、インターネットやケーブルテレビの基本料金などが含まれるところもあります。
ローンの斡旋について行っていただけるのでしょうか?
ハワイ現地、日本の銀行並びに、ローンオフィサーをご紹介いたします。
購入する場合の通貨は、現地通貨なのでしょうか?
現地通貨が基本です。

ハワイのコンドミニアムやリゾートマンション、別荘の売買・賃貸をワイキキと東京で顧客サポートいたします!
ワイキキはじめアラモアナ・カカアコ・カハラ・ハワイカイのコンドミニアム・別荘など不動産取引を日本語で対応しますので安心です。