ハワイのコンドミニアムや別荘の売買・賃貸をワイキキと東京で不動産コンシェルジュがサポートします!

リビーナ会員登録不動産コンシェルジュに相談
リビーナハワイHOME > 海外不動産投資Q&A > 売却時のよくあるご質問

海外不動産投資Q&A

Q&A一覧 物件探しについて 購入時費用について 所有時について 売却時について その他

売却時のよくあるご質問

リビーナハワイで購入していない不動産も売却依頼できるのでしょうか?
もちろん可能です。
不動産売却時にはどのような費用が掛かりますか?
ハワイ州では不動産を売却する際に、譲渡税がかかります。課税額は、物件価格の額および物件のタイプにより若干変わります。
また、エスクロー費用、タイトルインシュランスなどが必要となります。
またハワイに居住しない外国人に対し、連邦政府および州政府に外国人不動産税として合計15%が源泉徴収されます。
但し、あくまで源泉徴収ですので、翌年の確定申告で還付される場合がほとんどです。
売却時にはどれくらい仲介手数料が掛かりますか?
基本的に売買価格の6%となります。
ハワイの不動産を売却する時にどのような税金が掛かりますか?
譲渡税、譲渡益税、ハワイ州源泉税、連邦源泉税です。
譲渡益税は譲渡益に対しての税金です。
ハワイ州源泉税は、売主がハワイ定住者、ハワイ法人で無い場合に売却価格の5%が源泉されます。
連邦源泉税は売主が外国人、外国法人の場合に売却価格の10%が源泉されます。
不動産譲渡益(Capital Gain)が生じない場合、源泉税は確定申告の際に調整され、還付金として戻ります。
売却金額の設定はどのように行えばいいのでしょうか?
現在市場で取引されている価格を参考にしながら、内装の傷みなどを勘案し金額を決めてまいります。
まずは、売却査定いたしますのでご相談下さい。
買主のインスペクションについて修理はどれくらい行えばよいのでしょうか?
価格で調整するのが基本ですが、物件の状態によって異なりますので一概には言えません。
専門スタッフがサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。
ローンを組む場合、頭金がどのぐらい必要ですか?
通常、非居住者(別荘・投資物件を含む)の場合は銀行の物件評価額の30%〜35%が頭金として必要です。
銀行査定の結果によっては35%以上を要求される場合も考えられます。

ハワイのコンドミニアムやリゾートマンション、別荘の売買・賃貸をワイキキと東京で顧客サポートいたします!
ワイキキはじめアラモアナ・カカアコ・カハラ・ハワイカイのコンドミニアム・別荘など不動産取引を日本語で対応しますので安心です。